塗料

屋根塗装で使う塗料の種類

屋根塗装を行う場合、しっかりと決めなくてはいけないのが塗料です。

一口に塗料と言っても多くの種類があり、耐用年数や費用相場が大きく変わります。

機能を付加した塗料もありますので、場合によっては検討してみると良いでしょう。

価格が手頃なアクリル・ウレタン

数ある塗料の中で、安価に施工できるのがアクリルやウレタンです。

アクリル塗料はもっとも価格が安く、1平方メートルあたり2000円前後と、リーズナブルな相場が魅力と言えます。

一方のウレタン塗料は2,500円程度が相場ですが、こちらも負けず劣らずで塗装費用を安く抑えることができます。

できるだけ屋根塗装の費用を節約したいなら、アクリル・ウレタンが候補に入るでしょう。

しかし、これらの塗料は価格が手頃な反面、耐用年数は短くなっています。

環境にもよりますが、アクリル塗料は5~8年前後、ウレタン塗料は8~10年程度で塗り替えが必要です。

ただ、数年は持ちますので、1年あたりに換算すると価格はお手頃と言えます。

人気が高いフッ素とシリコン

屋根塗装をする際、特に多く選ばれているのがフッ素やシリコンです。

フッ素塗料は耐候性が高く、汚れがつきにくいというメリットがあります。

耐用年数も15~20年と長めで、近年は選ぶ方も多くなっています。

シリコン塗料は汚れや色あせに強く、耐用年数は10~15年と比較的長めです。

バランスが取れているため、特に人気が高い塗料となっています。

ただし、フッ素塗料は費用が少し高めで、1平方メートルあたり5,000円前後かかります。

シリコン塗料はグレードに幅があり、機能性にかなりの違いがあります。

選ぶ際は、グレードと機能をしっかりと確認しましょう。

断熱塗料や遮熱塗料などもある

屋根塗装に使われる塗料は、これらの他にも機能性を追求した塗料があります。

中でもポピュラーなものが断熱塗料と遮熱塗料で、住まいの性能を高めたい方に選ばれています。

断熱塗料は屋根が外気の影響を受けにくくなり、室内の温度を保ちやすくなります。

一方の遮熱塗料は太陽光を反射する特性を持つ塗料で、屋根の温度を下げ、夏場に室内の温度を下げる働きがあります。

いずれも住まいに機能を付加できる塗料ですが、施工費用や品質は塗料によって異なります。
予算と相談して決めると良いでしょう。

まとめ

屋根塗装に使われる塗料はバリエーション豊富で、施工費用や耐用年数も塗料によりけりです。

特に安価なのはアクリルですが、バランスを考慮するならシリコンが候補になります。

ただ、住まいの断熱性などを高めたい時は、各種機能性を持った塗料を選びましょう。