木製品のお手入れについて

木製品について

木は製品に加工されてからも温度や湿度の影響を受け伸縮しています。水分を含めば膨らみ、乾燥すれば縮みます。製品となったものはある程度まで乾燥されていますが、それでも多少は伸縮します。自然の素材ならではの不安定さはありますが、「湿度や温度を気にかけながら、大事にお手入れをする」これこそが自然素材の醍醐味でもあります。

長年使い続けるうちに、シミや手垢、傷がつくこともあるでしょうが、それも木製品ならではの味となり、あなたや家族の大事な歴史となります。きれいに保つことができるならそれに越したことはありませんが、あまり気負わず使っていただければと思います。

お手入れの仕方

日常のお手入れでは、柔らかい布で木目に沿ってカラ拭きしてください。 汚れが気になるときは固く絞ったふきんで拭いて風通しのよいところで陰干しを。(直接日光に当てると、反ったり割れたりする恐れがあります)

化学ぞうきんは使用しないでください。塗装面のツヤが消えたり、シミになる場合があります。

多少の傷や汚れは木製品の良い味になりますが、どうしても気になられる場合は、弊社へご連絡の上ご郵送ください。研磨してお返しいたします。(無償/ただし往復の送料はお客様のご負担となります)

スイッチプレートについて

○安全のため必ず配電器具から取り外してからお手入れしてください。

○コンセントをしっかり差し込まないで使用すると、その部分に綿ぼこりがたまり、湿気・水がかかるとショートして発火することがあります。定期的にコンセント回りの掃除を必ず行ってください。